Home » 未分類 » 福原愛メタボリックシンドローム四人

福原愛メタボリックシンドローム四人

九月、一つキンモクセイ香るの日で、私達の4つの別の場所から集まってきた.

あの時私達はすべて抱いて未来に幻想を持って、それぞれの夢を学校にやってきた.入学時のすべてすべてとても簡単で、登録、手配寮、と先生が簡単に会う……

まえ玄関で会っ

北方の秋はずっと明るくて、かつ陽気.私はその時もそうだろう.今考えるとそれはきっと私たちの日光曾顺のペンで紙にまだらになって流行方、墨香.

あの時私もまだ、少し興奮して、ちょっと恥ずかしい.だから半分ヶ月経ちました私たちの前列の女子学生はとっくに打ち解けて、ほとんどと後ろの男の子話した.そんなある日四男の私に聞いて

ねえ、福原愛、あなたと私たちの後ろの人は話したことがあります

……

あなたが知っているというあの二人は何かありますか

あるね※、古いクラス任命の運動委員会.別の……と私に言いながら横目で教えていた.

へへ……四男の顔に笑うのが私は知っていて、私は彼に聞いた.彼は※※.そう言ってもすべての誇りに私を見て.

よ……

その日四人からはDadanaonaoキャンパス生活まで、我々は卒業.



ボス:私たちの4つの中のボスは1つの比較的にいじめられるの役で、当時の輪を一週した後、誰が確定から知って、私たちは4つの中は年齢によって、久しぶりに替え)を確定が私たちのソート.

ボスと身を使わない料理は皆さんの日常生活、しかし身体を生活委员を担当してクラスのことが、私が思うに、長男が比較的よくいじめられるから叱られる生活先生の特訓しないので、私達のクラスの衛生掃除の不潔、掃除が遅すぎて、ちょうど私たちクラスの衛生掃除もきれいで早く、殘念ながらいつもごみから、かわいそうな生活委いつも虐げられる、メタボリックシンドローム、叱られる.仕方ないよ!

次男:次男は私達のクラスの運動委員会から、また馬あだ名があるので、ひづめが唇はなかなか呼ばれて歪(実はこのニックネームと彼の名前について.印象の中で次男の一番かっこいい時は会操の試合の時、それは私たちを追い詰めて服を借りた.次男は体育生は、夏三伏、冬には冬の寒い.人は練習すればするほど堅固なので、よく冗談はますます似て体育の先生(太って…)
.

次男の耳が不自由なので、毎回聞き取り単語は彼にとっては大きな試練、毎回私たちも聞いて三男のも繰り返し先生の話(実は三男の声よりも大先生).一番いちばん私に分からないのはいつも殴られるいわれの次男、不可解だよ!

と言わざるを得ない三女:彼は私たちの中に最もおとなしい人で、とてもばか.福は馬鹿の三男で、彼は」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です