Home » 未分類 » 幡動、メタボリックシンドロームドキドキ

幡動、メタボリックシンドロームドキドキ

も真夏、見つけ場所が多いわけでもない広大な艶色.空色の水は、山は依然としてはどんよりし、弱々しい植生もここの空気のように薄い.酸素欠乏、減速ざるを得ない自分の足取り、焦燥の心はやっと少し回帰.

ラサから出発し、ラサ川に沿って、左回り前に林周県.道路はとても良くて、窓の外は依然としてカメラをは景、きれいなカメラを惜しまない.同じ風景、なぜ大体こんな風光を感じさせると、清新だが、いつも自然に見つけ感じさえ神聖な、たとえその四望人影がない.咲くまで二十数キロまで引き出物を通って山口下車、見上げた空の秘密の经幡が突然発見して、もとはそれは、この静寂風景の中で唯一一抹のひらめきの鮮やかな色彩.

经幡の名前や形式:多くの经幡、隆达、風马旗、祈り幡、祭馬、祿馬……チベット語で隆达に念し、僕達は風の馬.それは方形、角形、線形;材質は綿、麻、色紙糸;つなげロープ、家柄で、経幢上、枝をよく見ると、時には、白や鮮やかな色で、多くの经幡一面小旗に印刷した赤や黒の経呪や画像、映像が多い馬は、背中のパックは象徴福祿寿財繁栄の図案が歩く姿円錐炎.画面の四角あと4匹の野獣を象徴する:虎は、木や風、ライオン、象徴鹏鸟火、土、シンボル;竜を象徴する水.

見つけの場所によっては、经幡別のスタイルで、それは各地方のチベット人、自分の故郷をスケッチの文化の印.ラサで、经幡の図案と仕事はすべて厳格さを重んじて、聖城の相荘厳で現.ほとんど凝固絵の山水の間でさえ見つけ、恥じ飛ぶ翼も静止空から滑空しは、この经幡、広野の山風にひらひらと揺れるようにきらめいて、天と地永遠まで読経の会話.

道中に挿し込んで、一番多いのは、やはり石造りの民家の屋根の经幡枝と掛かり河畔や山口の经幡ロープ.色は固定的な靑と白の赤緑黄、色の順にも固定的な.トップは象徴靑空の靑い、そして象徴の白い雲、その後は象徴炎の赤、緑と水の象徴を象徴する大地の黄色.と言う人もいるが、靑や緑の经幡は厄よけの;白いの经幡は病魔を、除去罪業の;赤い经幡祈り家畜がよく繁殖する;黄色经幡が長寿を祈ると豊かな.

だけが经幡見つけては、見つけ、風の場所に经幡.しかしこの世界で最も長い史詩の論点はまだロマンチック彩饰天地までするに至って、サスペンション经幡は仏教の真意は、原始神崇拝の継承.風が吹い经幡、天上の神賛、上の年の神と人間の間で交流があった.仏教の主張みんな修来世>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です