Home » 未分類 » 国王は照りつける計画を実施する

国王は照りつける計画を実施する

王宮のほかに、回復の戻った静かで、国王と寵妃これはほっとして、しかし国王は自分の座を恐れて不安定で、そして寵妃の意見に従って、従前の王の侍従でじゅうを精選し勇敢な強さ、忠実なしもべ.国王ヴァルト彼らを呼ぶと、彼らはまず王在世時あなた達に対していろいろを愛護して、みんなが彼から利益を得る、君たちは彼の大恩大德覚えてる.など私は後継後、不当な待遇をすることもありませんが、これから私たちに多くの優侍.私に誓うアッラー、絶対みんなの生命の安全を保証するため、皆さんにひたむきに私のためにサービスして、私の命令に従う.今、私は非常に大切なことは皆さんが私に行くするが、私はあなた達に先に主誓う:きっと機密を守る、従って私の手配、このように、私が安心に重任をお渡しすることがした後に、私はきっと厚い報奨のみなさん.

10の衛兵は知らさ、国王の陰謀は何も知らない、そう聞いて国王重用彼らは、個々の驚き、彼らは迷わず尊敬する国王陛下が、私たちはあなたの下僕なら、当然、一心不乱にサービスを提供することが、あなたの仕事は私達の職責何でも言ってだろう、私たちはあなたの言いつけを押す.今日は皆さんがここに集まって、みんなが本当に大切な事を完成させてくれました.みんなはすべて知っていて、亡父の最期、再三再四言いふくめるあれらの公家たちがよくしてくれ治理いい私たちの国は、当時、彼らは二つ返事で承諾する、そして、国王にすることは決して逆らえない保証して、私の命令.今の出来事は誰もが認めるところで、あれらの公家たち庶民に囲まれてくる、王宮、狂言なら殺人・放火など、私の職位を覆す、国王に送った亡父の誓い忘れてしまう.私は王宮の中が悪逆無道のことを主に普段の私は彼らがあまりに優しいしました、今の私はちょっと見て彼らにすごい、彼らに対して厳重に処罰する.だから私はみんなを呼んで、この重任をあなた達に渡して、私はみんなに任せて、私はみんなに任せて、この重任.明日、私は宮中であれらの廷臣に接見して、彼らを1つ1つの地に入って来させて.そしてその秘教から出て.その時、あなた達は私の身の回りに立って、すべて1人の人、彼はすぐ隣のあの部屋に入って、そして彼を殺して、死体を隠して.私の話は聞いてわかりましたか?10個の衛兵は酒手を得るために、異口同音に言います:わかりました、私たちは必ず実行します.

国王ヴァルトを衛兵たちは彼をこんなに心ひそかに喜びと忠誠、すぐ彼ら1番し、約束をして、その後きっと厚い報奨彼らなり.その後は衛兵たちそれぞれ家に帰って、くれぐれも秘密にして.国王は後宮に帰って、安安は一晩中眠れました.毎日亮、王様は早く起きて、自分を自分でおしゃれにして、それから体にします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です