Home » 未分類 » メタボリックシンドローム夜リンク村

メタボリックシンドローム夜リンク村

前書き

この短編小説を書いて、この年の春分時節.聞くところによると、春分春分、春から両辺分、この新手卡年の春はもう半分.私は昨年の晩春からこのエピソードまで温めて、今年の春分時節はそれを完成して.私はそれを完成した時の気持ちが重い.

私を書くつもりで、それから今までもうまる一年経ちました、それが偽りを筆にならない.私はそれが現実の生活での模様ですので、無実なので、一面をその真実ながら、またそれを偽り.日本での改正過程の中で私が異常に悩んだりしますが、私はそれに浪費万字、今ここに表示されますのは五千.これを完全には『羅生門』は、私が勉強してみたい当時、芥川の風格、まさかこの試みは私に陥る中抜け出せて、私は1年以内に楽しくない顔.

私は無理にそれを書き上げ、しかし依然として再三再四文の中で見て多くの偏りがあるのを見落としてところ.しかし私の願望を達成するために、私はそれを改正したくない、私はただこのままのずさんからも覗いて私に自分の心.私はこの粗忽を縫合した人皮の仮面の下は一体いくらある無知の罪.

ここで、私は実はと批判に何かが、私は知らない私が批判のとは何か.あなたは知っていて、私は生まれてから今までずっと離れない生まれて育った環境で、私は心から希望それが靑空、緑地、高樹、清流……で、最も切実なやはり愛自分と他人を愛する人.しかし今、私はあなたしか教えておき、私のこの短編小説ではない人.

あなたは、幸せな生活に日光の同じの積極的な心理状態は、早めによけるようにしましょう、あなたは、退屈な生活は少し反省と悟ること、それは早めによけるようにしましょう.について決心してこれらの文字を見て以下の友人、私はあなた達に対して、私の心の中は1条まるで三日月のような両端が尖った船、頭いっぱい幸せ、頭いっぱい悲しみで、空っぽの船の腹は尽きることがない孤独と迷って、ちょうど私のような情の商が高い知能指数が低いため、愛は極端に走る.今、私はあなたたちを教える:あなたが私の考えを変えることができない、私だけを書いて私の心の中に実在するもの.

これは私が初めて第三人称で書いた文字ですから、リンク、皆さんと一緒に見て私は上戸夜村の話をしよう.

そのまま.

本文

日夕方、おばあさんは背負いかごを外して肩、座って話に足を休める.

話は狭くて、空気が濁って太陽の異常ため、メタボリックシンドローム、はるかに照らしてきて、意外にも少し着ない透フロートのほこり;そしてこちらから見ていた、太陽より像は泳ぐは濁り水の中の卵が黄、気だるそうにしてい微光.

道理から言えば、上のように文字描陣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です