メタボリックシンドロームって、何?

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言います。
高血糖や高血圧はそれぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、リスク重積状態を「より早期に把握」しようという試みが考えられてきました。
このようなリスクの集積は、偶然に起きるのではなく、何らかの共通基盤に基づくと考えられています。日本では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として着目され、腹部肥満=男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられています。
わが国は、アジアの文化をすべて受け継いで今闩に至ます。受け取ることは与えることにもつながります。H本はこれから、アジアや欧米 に与えるものえなければなりません。
天の気は「丙」
ニ〇一六年のH-Wは丙•申。
丙は、陰陽五行説では火件の陽に割てられており、益をつけた字裏てると1炳メタボリックシンドロームと読み、「光り輝いているさま」「疑う余地がないほど明らかなさま」という意味をもちます。春の伸びる気が境尚に達して、火忡の陽を得て、なお光り輝いているといえます。
丙の文字の説明をすると、上のニ」は天地の気が横いっぱいに張り出した陽を一小し、そこにえがあって、囲いをして中 に人が入ります。