Home » 未分類 » しいメタボリックシンドロームたけを蔊料理が何より良い栄養どうやって食べる

しいメタボリックシンドロームたけを蔊料理が何より良い栄養どうやって食べる

私達の生活の中でさまざまな野菜が備え持つの栄養価は異なっているところで、人々の生活の中で、その食材の組み合わせを選ぶ方も注意して、しいたけと蔊料理は1種の非常によくある野菜の製品は、下の本文は蔊料理としいたけを主な材料で作られたしいたけを蔊料理の栄養性分析.

Pは、

蔊料理、科属蔊料理をアブラナ科植物の葉落料理の莖.別名、野菜の花,メタボリックシンドローム、屑米料理、辛い米莱.性の味の帰経、性は涼しくて、味の辛微苦い;人肺、胃や腸経.主治医の効果を加え、利尿作用があって、血行をよくすること通経、鎮咳去痰、健やかな胃理气、解毒.

主治医風邪を引いて、熱い咳、咽頭痛、リューマチ性関節炎、黄疸、むくみ、打撲などの病症.栄養成分は、毎ひゃく克蔊菜嫩苗3 . 2グラムのタンパク質、脂肪の0 . 3グラム、粗い繊維1 . 3グラム、カロチン4.15 mg、ビタミンB20.6 mg、ビタミンC9.8ミリグラムさんじゅうミリグラム、カリウム、カルシウム28.9ミリグラム、リン4 . 63ミリグラム0 . 47 mg、鉄が含まれている蔊料理素、蔊料理アシルアミンなどの成分.

しいたけビタミD元が少ない、ビタミンC、ビタミンAやA元、キノコに含まれるタンパク質じゅうはち種類のアミノ酸,人体に必要なはち種類のアミノ酸の中に、しいたけがななしち種、そして多く所属L型アミノ酸、活性が高くて、人体に吸収されやすい、消化率ガンダム80%、椎茸に多く含まれているグルタミン酸や普通食べ物に珍しいヒラタケトリプトファン、モウコシメジペプチドとガチョウトリプトファンなど、特においしいので風味.

原料:蔊料理400グラム、水煮もどししいたけじゅうグラムのガーリックじゅうグラム、塩さんグラム、味の素にグラム、素スープをはちじゅうグラム、黄酒じゅうグラム、濡れたデンプンごグラム、植物油のにじゅうグラム.

、<法:(p制法:(P法

(いち)蔊料理をきれいに洗って、整然と並んでコードは平皿.

(2)に鍋に燃え盛る火、水を沸かし、蔊料理を押し込む水中を取り出して、沥水は、順番に置くに整然と盤.

椎茸(3)椎茸蔕、洗浄のスペア.

(よんしよ)、鍋に油を入れて中火にかけ、5割まで熱,ネギのみじん切り、のガーリック煸香、佃煮に醸造酒、下蔊料理、しいたけ、スープの素、塩、沸騰後弱火ですり制に分、下半身をめくる、半分を入れ、化学調味料、湿デンプン、ひっくり返って均等に、ぬれにごま油、お皿にある.

の特徴:しいたけの香り、蔊料理なら、しょっぱい味の濃い、解熱解毒、健やかな胃の抗がん.

に蔊しいたけを料理の栄養価と具体的制作方法、本文はわざわざみんな詳しく分析して、一般的に、家庭のよくある料理の中に、身につけるの豊かな栄養価のレシピを促進する方は、人々は自分自身の健康は大きな手助の.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です